エフェクター

極上サウンド、価格崩壊!?ZOOM G6を徹底レビュー!【最先端マルチ】

スポンサーリンク

ZOOMさん、年の瀬にまさかの…!?

いや〜zoomさん!

年末にやってくれましたね
zoomの新型マルチエフェクツ・プロセッサ「G6」。

2021年の全世界リリースに先駆けて日本国内先行発売スタートです!

僕ももちろん発売と同時に速攻でポチりました〜!!

今回のG6はシンプルでスタイリッシュなデザインなので、以前がくちゃんねるでもご紹介したzoomの新たなフラッグシップ機「G11」の見た目がちょっとアレだなぁと思ってた人とか、G11だとサイズが大きくてかさ張るなぁ〜なんて思ってた人にはバッチリかもしれません。
しかも!アンプモデルやエフェクトはG11と同等で値段も安くて見た目もスタイリッシュ!
これはもしかしたらとんでもないマルチエフェクターかも知れないね。
というわけで今回は、zoom G6を徹底レビューしていきたいと思います!

行くぞ〜!!

サウンドハウスで見る⬇️
ZOOM ( ズーム ) / G6
ZOOM ( ズーム ) / G6

ZOOM G6 ギターマルチエフェクター

ZOOM G6 ギターマルチエフェクター

39,600円(04/17 01:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

動画あるってよ

YouTubeと連動してます!チャンネル登録してね!

 

G11と比べて…

  • ユーザープリセット数がG11は130個まで作れるのに対してG6は50個まで。
  • 同時使用エフェクト数はG11が9種類、G6が7種類です。アンプモデルは両方1種類。
  • ルーパーの録音時間にはかなり差があって、G11はステレオで5分録れるのに対して、G6はステレオ45秒(モノラル90秒)。

大まかな違いはそんな感じ。
これが不便だと感じるかは実際に試してみないと分からないので、さっそく音作りしていきたいと思います。

音作りの流れ

 

ZOOM G6での音作りの流れを撮影してみました。G11持ってる方!全く同じ操作でイケますよ!

 

サウンドチェック

 

G6のプリセットのサウンドを皆さんにいくつかお聴きいただきたいと思います。

締めの挨拶

はい、最後にG6の感想を語って終わりたいと思います。前回G11が発表になった時に僕は

え!?zoomなのに8万もするの!?

ってそれはもうとってもびっくりしたんですが、実際にG11を購入して使用してみると

そのサウンドクオリティに驚いて、まぁこのお値段でも妥当だなと感じたんですが、今回のG6を弾いてみて正直どう思ったかと言うと、
あ、これG11と同じ音だわ。
それなのに

値段は半分なんだね!?
ZOOMさん、おかえり!
っていう風に思いましたね。
おかえりって何やねんみなみけかよ!って突っ込まれそうですがwww

激安の殿堂におかえり!っていう意味です。

僕の中でzoomといえばやっぱりコスパ最高なエフェクターを作って下さる会社っていうイメージなんですよね。
まぁエフェクター以外の物も沢山販売しておりますが…僕の中ではやっぱりそういうイメージで。

G11のようにハイエンドなモデルを出してくるのも斬新かつ新鮮で良かったんですが、やっぱりコスパの良さというzoomの原点は大切にして欲しかったんだなと、今回G11の半額になったG6を購入し演奏してみて改めて感じました。

フラッグシップを所有していることの優越感よりも大事なことが時にあると思うんですよね。
それは何かって言うと

ズバリ!デザインとサイズです。
今回G6はデザインの上ではG11とまさに正反対のシンプルなデザインなのに、アンプモデルやエフェクトは同等サイズもコンパクトになっています。
これは使用する方によってはG11よりもG6がフィットするっていう場合も大いにあるんではないでしょうか!

G11と比べていまいちだった所

DTM環境下でG6をオーディオインターフェースとして使用する場合、いまいちな点が二つだけありました。

  • PHONES OUTがOUTPUT Lと併用な点。
  • PCとの接続がUSB Cじゃない点(USB2.0 Micro-Bを採用している)

本当にこの二点くらいですね。

そこはG11との差別化があるのでしゃあなしだと思うわ・・・。

その他に大きな違いはルーパーの録音時間位でしょうが、それもSDカードで解決出来るようなので問題なさそうです。

G6とG11、どちらを使うのか。

こればっかりは悩みますが、あまり大きな違いを感じない分サイズの小さいG6に分配があがるかも知れません。
なので迷ってる方は、ルーパーを多用するっていう方はG11、そうじゃない方はG6を買えば幸せになれると思いますよ!

半額なのに音はほぼ同じなので。

というわけで今回はZOOM最新マルチエフェクツ・プロセッサ『G6』をご紹介致しました。
したっけな〜!!
サウンドハウスで見る⬇️
ZOOM ( ズーム ) / G6
ZOOM ( ズーム ) / G6

ZOOM G6 ギターマルチエフェクター

ZOOM G6 ギターマルチエフェクター

39,600円(04/17 01:07時点)
Amazonの情報を掲載しています

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後もギター・音楽機材関連の情報発信など勢力的に行って参ります!
当サイトのメルマガ登録YouTubeのチャンネル登録を是非お願い致します。
TwitterInstagramなどSNSのフォローもお待ちしております♬
下記アイコンをクリックし、記事の感想等を添えてSNSで拡散していただきますと活力となります。お気軽にどうぞっ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

◆がくのおんがく通信(メルマガ登録)

お名前・メールアドレスを入力して「登録する」ボタンをクリックしてね。記事や動画の更新情報や、役立つ音楽情報をお届け致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

コメントを残す

*