レビュー(評価)

SONY MDR-M1STをいただいたので900STと比較する!

スポンサーリンク

時には真面目なツイートも

最近ネタ動画ツイートばっかりで様子おかしいけど大丈夫?って友達からよく心配される
私が来た(オールマイト風味)
こんなのとか!


こんなの!!


こんな私ですが、とある出来事があって心温まって真面目な動画をツイートしました。珍しいネ!

こんな店長、きっとどこを探したって会えやしないさ

・・・そう、店長がくれたんだ。

この暖かな気持ちと

ハイレゾ対応スタジオ用モニターヘッドホン

SONY MDR-M1STをっ!!!!!!!

そんなこんなでいつもとは少し違った感じのレビュー動画を作ってみました。

比較せずには・・・いられないんだぁぁあああ!!

「M1ST」は「900ST」をベースに改良したモデルではなく、もちろん後継機でもないのですが、やはりこの見た目といい「モニターヘッドフォン」という役割といい。比較せずにはいられませんでした。

今回はRMEのオーディオ・インターフェイス「Fireface UCX」


RME USB FireWire オーディオインターフェイス Fireface UCX

RME USB FireWire オーディオインターフェイス Fireface UCX

159,150円(11/24 23:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

と、BEHRINGERのヘッドホンアンプ「HA400」


を使用して比較レビューを行いました。

Twitterに投稿した動画のフルVer.がYouTubeにあるよ!

いざ、聴き比べ!(※あくまで個人の感想です。)

今回店長からいただいた「M1ST」と比較するのは、僕がずっと愛用している同じくSONYのモニターヘッドフォン

「MDR-CD900ST」です!

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

15,946円(11/24 10:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

発売してからの月日と値段を考えると、900STには酷な話かもしれませんが(M1ST➡️¥33,750、900ST➡️¥16,720

・・・許してね、900ST。大好きだよ・・・。

それでは

M1STと900ST比較のファーストインプレッションをここに綴っていきますね。

音圧は900STの方がやや高め。
M1STは900STよりも明らかに音像定位が良く、PAN振りの効果をより確実に感じ取ることができます。
ギターやベース等の細かいフレーズも聞き取りやすいです。

M1STのサウンドを聴いた後だと、900STの高域が少し痛く感じてしまいました。(特にドラムの金物)
M1STは低域が900STより強調されていますが、無理をした感じのブーストではなく、至って自然。
ただこの辺はEQ補正等を行う方は少しの慣れが必要かもしれません。

ケーブルが着脱出来るようになったのもとても嬉しいです。クッション性も確実に進化しています。

付け心地・サウンド面含め、長く聴いていられるのは間違いなく「M1ST」です。
900STをずっと使用してきて不満を感じたことはほとんどなかった僕ですが、M1STを知ってしまうと更なる進化を感じずにはいられませんでした。
900STは既にレジェンド的存在なのは間違いありませんが、そこに甘んじずに製品開発を行うSONYの企業努力に感服です。
以上。

最後に

店長に超絶ミラクルウルトラ感謝をっ!!!!!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後もギター・バンド関連の情報発信など勢力的に行って参ります!
当サイトのメルマガ登録YouTubeのチャンネル登録を是非お願い致します。
TwitterInstagramなどSNSのフォローもお待ちしております♬
下記アイコンをクリックし、記事の感想等を添えてSNSで拡散していただきますと活力となります。お気軽にどうぞっ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

◆がくのおんがく通信(メルマガ登録)

お名前・メールアドレスを入力して「登録する」ボタンをクリックしてね。記事や動画の更新情報や、役立つ音楽情報をお届け致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

コメントを残す

*