エフェクター

BOSSのSD-1は有名だけど 後継機種(SD-2)があったのは知らなかった。 【はいばん!】

BOSSコンの中でも大人気で皆さんご存知であろうこのSD-1なんですが、

BOSS Super OverDrive SD-1

BOSS Super OverDrive SD-1

6,600円(09/21 03:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

実はこのSD-1の後継機種の

SD-2というペダルがあることを皆さんご存知でしたか?

⬆️SD-2本体と箱。箱の色褪せ具合、半端ないって。

僕は知りませんでした(笑)

というわけで今回はこちらSD-2を手に入れましたのでこのSD-1と比較レビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

動画、あるってよ。

SD-2の気になるサウンドは動画でチェックしよう!➡️演奏シーン一発リンク

チャンネル登録&動画の評価👍 にコメントまでいただけるとしたら、それはとっても嬉しいなって。

SD-2を弾いてみた感想

DRIVETONEを全開にしてもそのまま使える音が出てきたのでとても扱い易いペダルだなぁという印象を受けました。

SD-2CRUNCHモードとLEADモードという2つのモードがあって選択してそれぞれ別にセッティングも出来るんですが、CRUNCHモードの段階で既にSD-1よりも歪むしローがしっかりと出ますね!

なので作れる音の幅はかなり広いと思いますが、逆にSD-1のカラッとした軽快なサウンドが好きな方には少し重たく感じるかも知れません。

クランチモードでDRIVE12時、TONE全開で弾いた時の音はSD-2の方が艶があって煌びやかな感じで好きでしたが、それ以外ではやっぱりSD-1が万能だなと思いましたね。

ただリード用のサウンドも一つのペダルで補えるってことを考えたらSD-2はコスパ良いんじゃないかなと思います。

ローは少し重たいからEQでカットしたくなりそうですが・・・。

改めて感じた、SD-1の魅力。

やっぱりSD-1が定番として君臨し続けている理由が分かった気がします。

SD-1にはSD-1らしさがしっかりとあるし、シンプルで使いやすいんですよね。

SD-2も好きですが、若干器用貧乏になってしまっている感じもしました。

SD-2に隠された“第三のモード”とは・・・!?

ただ、このSD-2にはなんと!

3の隠しモード「yellow mode」が存在するのです!!

やり方は簡単で、リモート端子に他のボスコンを繋ぐだけです。こうすることでランプが黄色に点灯しCRUNCHモードとLEADモードの音を混ぜて使用することが出来ます。

レビュー動画撮影後にこの隠しモードの存在に気付いたので今回は割愛しますが、もし需要がありそうだったらいずれどこかのタイミングでご紹介出来たらなーと思っております。

そんな裏技的要素も持ったSD-2、まだ中古でも頑張って探せば手に入らないこともないですし値段もそこまで高くないので気になった方は探してみて下さいね。

BOSS SD-2 DUAL OverDriveを探す!

サウンドハウスで見る⬇️
BOSS ( ボス ) / SD-1 オーバードライブ
BOSS ( ボス ) / SD-1 オーバードライブ

BOSS Super OverDrive SD-1

BOSS Super OverDrive SD-1

6,600円(09/21 03:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後もギター・バンド関連の情報発信など勢力的に行って参ります!
当サイトのメルマガ登録YouTubeのチャンネル登録を是非お願い致します。
TwitterInstagramなどSNSのフォローもお待ちしております♬
下記アイコンをクリックし、記事の感想等を添えてSNSで拡散していただきますと活力となります。お気軽にどうぞっ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

◆がくのおんがく通信(メルマガ登録)

お名前・メールアドレスを入力して「登録する」ボタンをクリックしてね。記事や動画の更新情報や、役立つ音楽情報をお届け致します。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

コメントを残す

*