音楽機材

手軽に持ち運べて、スマホでDTMも出来ちゃう次世代型オーディオインターフェイス、IK MULTIMEDIA iRig PRO Duoが素敵だったので紹介する。

Pocket
LINEで送る

MacもWindowsも…iosもandroidもイケちゃうオーディオインターフェース!
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) iRig PRO Duoを買いました!!

実は僕、今回紹介するオーディオインターフェースを買う前から既にオーディオインターフェースは持っているんですよね。

しかも、プロの方々にも人気の高いRMEの”Fireface”シリーズのUCXです!

⬇️サウンドハウスで見る
RME ( アールエムイー ) / Fireface UCX
RME ( アールエムイー ) / Fireface UCX

⬇️Amazonで見る

⬇️楽天で見る

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

●RME Fireface UCX
価格:159800円(税込、送料無料) (2016/8/20時点)

 

それなのに、なんでまたオーディオインターフェースを買ったのかといいますと、

スマホでdtmをやりたかったんですよ!

それで何かちょうど良いのないかなぁーと調べていたら、MacでもWindowsでも…iosでもandroidでも使えてしまう素晴らしいオーディオインターフェースを見つけました!

それがこちら!
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) iRig PRO Duoです!!

⬇️サウンドハウスで見る
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig PRO Duo
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / iRig PRO Duo

⬇️Amazonで見る

⬇️楽天で見る

 

僕最近、nanaという音楽コミュニティアプリで好きな曲をアコギで弾いて投稿しているんですが、その時、iMacでLogicというソフトを起動して、オーディオインターフェイスにコンデンサーマイクを繋いで、しっかりとレコーディングしているんですが、nanaではスマホで入力した音じゃないと投稿出来ない仕様なので、Pcで録った音をそのまま投稿することができないんですよね。
なので、レコーディングした音源をモニタースピーカーから鳴らしてiPhoneのマイクでまた録音し直しているんです。

せっかくパソコンとオーディオインターフェースを使ってしっかりとレコーディングしたのに、nanaに投稿する時に音が悪くなってしまうわけです。

ですが、今回買ったiRig pro duoであれば、スマホのオーディオインターフェースとして使えるので、そのままの音でnanaに投稿出来るわけです!

それと、気軽に持ち運んでレコーディングをしたり、生放送で使えるオーディオインターフェースが欲しかったんですよね。
僕が普段使っているRMEのfireface ucxは、新品で税込み15万円位する高価な機材なので、中々色々な所に持ち運んで使おう!っていう気持ちになれないっていうか、
fireface ucxには、家でズッシリと待ち構えていて欲しいんですよね。

そんな理由から、今回iRig Pro Duoを買うことに決めました!

早速、開封の様子をご覧下さい。

箱です。

DSC02692

箱の中には、箱が入っておりました。

DSC02693DSC02694DSC02695

箱の中の箱の中を開けたらこんな感じに!細長い箱が入っています。

DSC02697DSC02699

赤い紙に最初は「天」って書いてあるかと思ったんだけど、IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) の「IK」でした(笑)そして、本体がチラ見せ状態ですね。

天に見えるけど

DSC02700

IKなんです。

DSC02701

黒いのも入ってたよ!

DSC02702

本体の説明書と他のIK MULTIMEDIAの商品紹介の冊子でした。

DSC02705

で、いよいよお出ましの「本体」です!どーん!!

DSC02709

本体の説明をサラッといきます。

iRig PRO DUOはファンタム電源対応の XLR/標準コンボ入力端子を2つ装備、ギター、ベースなどのハイ・インピーダンス楽器、ライン・レベルの楽器、ダイナミックもしくはコンデンサー・マイクなどの入力ソース、自由に組み合わせて接続し、2チャンネルの同時録音が可能です。

DSC02717

⬆️接続端子:MIC/LINE入力×2(コンボジャック)

次に出力端子。

小さくたってちゃんとスピーカーに接続して爆音で音声を出力できますよ。

48Vのファンタム電源ON OFFはここで出来ますね。

DSC02710

⬆️出力端子その1:TRSフォン出力×2、ステレオミニヘッドホンアウト

ステレオミニプラグはここ!

レコーディング時に役立つダイレクトモニタリング機能もあるよ。

DSC02712

⬆️出力端子その2:ステレオミニヘッドホンアウト

 

MIDI IN/OUT によりPCやスマホ内のソフトウェア音源もMIDI鍵盤と接続すれば鳴らせちゃう!素敵!

DSC02682

⬆️MIDI 入出力用にも MIDIケーブルが2本同梱。

DSC02677

⬆️iPhone、iPad、iPod touch 接続用の Lightning、Android 5 対応のスマートフォン / タブレット接続用のMicro USB OTG、Mac/PC 接続用の USB と、3本のケーブルが同梱。

このケーブルを真ん中の一番大きなLightning,USB&USB OTG cable includedに接続すれば、iPod,iPhone,iPadなどのios端末はもちろん、Android,Mac/PC(windows)でも使えてしまうのです!超優秀だね。

DSC02714

電源はMac/PC の USB バスパワー、AC アダプタ(別売)だけでなく、単3電池2本(同梱)でも駆動可能、外出先でも電源に困ることはありません。

DSC02679

⬆️同梱されていた電池。レコーディングしていたらすぐ切れましたw

以上、開封の様子と、さらっと本体説明でした!

いよいよiRig PRO DUOとiPhoneを接続してレコーディングしていきたいと思います。

今回使用するアプリはGarageBandです。(App Storeで¥600)

DSC02725

まず、iRig PRO Duoのヘッドホンアウトがステレオミニプラグなので、プラグ形状がステレオ標準プラグのSONYのMDR-CD900STはそのままでは接続できません(泣)

DSC02726

⬇️ステレオミニヘッドホンアウトを前に、あてもなく佇む900STさん。

DSC02727

 

まぁでも僕はSONYのMDR-EX800STという素晴らしいイヤホンを買ったので、ステレオミニプラグでも全然問題ないけどな!

SONY MDR-EX800STの記事はこちら⬇️

【イヤホンはこれ一択!】SONY MDR-EX800STが凄い!

ただ今回はステレオ標準プラグのヘッドホン使いも多いと思いますので、対処方法(変換するだけだけれど)も含めて書いていこうと思うよ!

どうすればステレオ標準プラグのSONY MDR-CD900STを、ステレオミニヘッドホンアウトに接続出来るのか?

答えはカンタン!

3.5mmステレオミニ変換プラグがあれば良いのです!

こういうやつ。安いのはすぐ壊れるし音も劣化するよ。オーディオテクニカとかだと安心です。

⬇️サウンドハウスで見る
audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT519CS
audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT519CS

⬇️Amazonで見る

⬇️楽天で見る

 

DSC02728

⬆️MDR-CD900STの救世主、3.5mmステレオミニ変換プラグさん。

装備します。

DSC02730

これで勝つる!

DSC02731

DSC02733

900STの接続完了。

次はコンデンサーマイクを接続しちゃいますよ!

iPhoneにオーディオインターフェースとコンデンサーマイクを使ってレコーディング出来るだなんて…なんだかすごく贅沢している気分になります(笑)

使用するケーブルはもちろん、ZAOLLA(ザオラ)です!!がくちゃんねるはZAOLLA推しなので(笑)

DSC02736

ZAOLLAケーブルの記事はこちら⬇️

【がくちゃんねる】本格プロ用ケーブル!ZAOLLA ( ザオラ )/ZMIC-110を買ったので音質比較してみる!

今回使用するマイクは、AKG C214です!

DSC02739

C214はコンデンサーマイクなのでファンタム電源が必要ですが、iRig PRO Duoはファンタム電源に対応 しているのでバッチリ使用できます。

その際は48Vファンタム電源スイッチをONにするのを忘れずに。

 

DSC02737

入力端子は2つ装備されているので、せっかくなのでもう1本マイクを立てちゃいましょう!

DSC02743

2本目のマイクはSHUREのSM57です。ザ・定番!なダイナミックマイク。

DSC02744

今回はシンプルな弾き語りを収録したいので、僕の愛器であるアコースティックギター、

MARTIN D-28ちゃんに活躍して頂きます!

DSC02746

iPhoneとiRig PRO Duoを接続。

DSC02752

iPhoneにアプリのGarageBandを起動して、マイクGAIN等を調整したら、いよいよレコーディングの準備完了です!

DSC02788

肝心の音はどんな感じで録れたかは、動画で聴いてみて下さい!ディズニー注意です(笑)

 

はい!

いかがでしたでしょうか?
今回は「アナと雪の女王」「とびら開けて」シンプルにアコースティックで演奏したものを録ってみたんですが、非常にスムーズにiPhoneとDuoでコンデンサーマイクやダイナミックマイクを使ったレコーディングが出来てしまうことに改めて感動しました。
Duo、素晴らしい!
非常に良い買い物でした。

音色もRmeのオーディオインターフェースと比べたら、やっぱり残念な感じなのかなぁ?と若干不安な気持ちだったのですが、正直firefaceとDuoの間に10万円位の差があるのか?と言われても困っちゃう位、綺麗な音でレコーディングすることが出来ました。

他にもオーディオインターフェイスといえば、よくスタインバーグのURシリーズとか、ローランドのUAシリーズがオススメされていて、僕の友達も何人も持っていますし、良いオーディオインターフェースだとは思うんですが、
やっぱり僕の中では、家に置いておくっていう感じのオーディオインターフェースなんだよね。

STEINBERG URシリーズの代表格、UR22mkⅡ。(WindowsやMacだけでなく、iPadとの接続にも対応)

⬇️サウンドハウスで見る
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII
STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII

⬇️Amazonで見る

⬇️楽天で見る

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

●Steinberg UR22mkII
価格:15660円(税込、送料無料) (2016/8/20時点)

 

ローランドのUAシリーズの代表格、QUAD-CAPTURE UA-55。

⬇️サウンドハウスで見る
ROLAND ( ローランド ) / QUAD-CAPTURE UA-55
ROLAND ( ローランド ) / QUAD-CAPTURE UA-55

⬇️Amazonで見る

⬇️楽天で見る

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

●ROLAND QUAD-CAPTURE UA-55
価格:23130円(税込、送料別) (2016/8/20時点)

 

僕もオーディオインターフェースといえばドンッと机に置いておくような、見た目の頑丈そうな箱っていうイメージがあったんだけど、今回買ったDuoはそういう従来のオーディオインターフェースのイメージを良い意味で裏切ってくれているんですよね。

アップル製品のようなカッコ良いビジュアルで、コンパクトで持ち運べるのに、機能は従来のオーディオインターフェースに全く引けをとらないし、
しかもスマホに接続してDTMも出来ちゃうっていうね。
MIDI鍵盤とDuoとスマホを繋げば、スマホに入っているシンセとかピアノの音源も鳴らせちゃうみたいだし、凄いよね。

Duoは、まさに次世代型のオーディオインターフェースなんです。

2万円位でオーディオインターフェースを買うとしたら、是非Duoをオススメします。
持ち運んだりしないし、PCでしかレコーディングしないからそんな機能いらないから頑丈なやつが欲しいっていう方はURシリーズとか、UAシリーズも良いかも知れませんね!

僕のように2台目の購入を考えている方には本当にオススメですよ。

置いて置く用と持ち運ぶ用のオーディオインターフェースがあると本当に便利です。
生放送などの配信でも使えるし、野外で録りたい音があったらすぐ持っていけちゃいますからね!
花火の音とか、森林の音とかも今度録ってみようと思います。

それでは今回は

手軽に持ち運べて、スマホでDTMも出来ちゃう次世代型オーディオインターフェース、
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) iRig PRO Duo
の紹介でした!

したっけなー!!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

イダ マナブ
タイプ:おんがく 弱点:すうがく アニメとカエルがすきな どさんこギターひき。 おさけをよくのむ。 さいきんは ブログをかくことのたのしさにめざめ シンガーソングブログライターに オレはなると いきごんでいる。

◆がくのおんがく通信(メルマガ登録)

メールアドレスを入力して「登録する」ボタンをクリックしてね。記事や動画の更新情報や、役立つ音楽情報をお届け致します。


コメントを残す

*